Header image  
Shareノード数の推移  
spacer
line decor
  
line decor
date
spacer
Shareノード数推移の分析

 |  Share調査サービス |  「Share」とは? | 

当社ではこのゴールデンウィーク期間(2008年4月26日~2008年5月6日)のShare(シェア)のノード数について、弊社独自の検知システムを使い、その正確な数値を把握致しましたので、その推移のグラフと実数を公表します。

この11日間で、平均約17万のノード数が観測され、この数値は過去いずれの調査時の平均値をも上回る結果となりました。またWinny同様、4月27日には過去最大の数値となる約18万7千ノードを観測しています。
Shareについては以前よりWinnyユーザからの移行の傾向が見られましたが、同時に計測したWinnyの減少傾向とは対称的にShareのノード数増加の傾向は続いており、Shareユーザの数は着実に増加し続けていることを示しています。ただ、その増加数はWinnyのノード減少数よりも低く、P2Pファイル共有ソフト全般の利用者数推移を見ると減少傾向にあるといえます。

Shareのノード数に関して

ノードとは「Shareをインストールされたパソコンが、インターネットに接続された状態で、Shareを起動している(つまりShareをその時点で使用している)1台」を示します。一人で複数台のパソコンを使用している人は非常に少ないと考えられることから、1ノード=1ユーザとカウントしています。このノード数は弊社が開発したShare調査システムによって得られたファイル情報を元に測定しています。
Shareのノード数は単に発見されたノードを集計するだけでは計測できません。Winnyとは違い、ノード情報の寿命が長いため、発見されたノードを集計すると1日約90万ノード発見できますが、既に多くのノードはIPアドレスが変更されている、または、Shareが起動されていません。そのため、発見されたファイル情報より更新日時(ダウンロードしたファイルブロックの最新の日時)がその日と同じファイルを持つノードを集計、重複を除いたノード数が最もShareネットワークの実態ノード数に近いと考えられ、この値を1日のノード数として発表しています。ダウンロードしたファイルが全く存在しないノードは集計されていません。

過去のshareノード数推移
2007-08 年末年始 2007年 8月 2007年 ゴールデンウィーク
グラフ1 グラフ2 グラフ1
グラフを拡大 グラフを拡大 グラフを拡大

調査日数や価格など詳細については、当社までお問い合わせ下さい。

 |  Share調査サービス |  「Share」とは? |