セキュリティ事故のリスクをまとめて補償する保険。

ネットエージェント

サイバーリスク保険

サイバーセキュリティ事故に関するリスクを1契約でまとめて補償

サイバーリスク保険とは

東京海上日動のサイバーリスク保険は、サイバーセキュリティ事故に関するリスクを、1 契約で「まとめて」補償する保険です。

IT業務(ソフトウェア開発やプログラム作成等)を行う企業様、行わない企業様、どちらにもご利用いただくことが可能です。

サイバーセキュリティ事故事例

過去におきたサイバーセキュリティ事故事例

サイバー攻撃による事故が発生すると、初動対応・事故対応に多額のコストが発生してしまいます。

  • CASE1
    不正アクセスの発見

    情報通信事業者であるA社の業務用パソコン数台が不正なプログラム(マルウェア)に感染していることが判明した。 感染したパソコンからは、同社の顧客情報が漏えいしている可能性がある。

    A社は、自社のホームページ上で、情報漏えいのおそれがあることについて外部に公表した。 同時にA社は、その原因や影響等について調査を実施するために、専門業者へ相談を開始した。

    ●支出
    被害状況の把握:100 万円
    原因調査・証拠保全の実施700 万円

    合計:800万円

  • CASE2
    個人情報の漏えいが判明

    調査の結果、約10万人分の個人情報が外部に漏えいしていることが判明した。

    企業イメージ損失の拡大を防止するために、外部機関に緊急対応のコンサルティングを依頼し、 被害者へのお詫び状の送付等の対応を行ったが、情報が漏えいした一部の顧客から、プライバシーの 侵害を理由に損害賠償請求を提起された。

    ●支出
    謝罪、会見等の実施コンサルティング:200 万円
    見舞金支払い (1 名500 円):5,000 万円
    謝罪広告費用:500 万円
    損害賠償金:7 億5,000 万円
    争訟費用:3,500 万円

    合計:8 億4,200 万円

サイバーリスク保険で、セキュリティ事故に備えませんか?

サイバーリスク保険の4つの特長

1

不正アクセス等の発見時に要する各種対応費用を補償!

2

不正アクセス等、情報漏えいの「おそれ」 が発見された時の外部調査機関への調査依頼費用も補償!

3

ネットワークの中断による自社の利益損害・営業継続費用についても補償!
(オプション)

4

海外で提起された損害賠償請求訴訟についても補償!

サイバーリスク保険のご相談・お問合せはコチラ

サイバーリスク保険における補償例

※ここでは一例のみを記載しております。詳細は、保険約款でご確認ください。
※お支払対象となる事由・支払限度額等は条件により異なります

1) セキュリティ事故発生!原因調査費用・弁護士への相談費用等は・・・

不正アクセス等のセキュリティ事故が発生してしまい、原因調査のための調査や、 法的対応のための弁護士への相談・セキュリティ事故のコントロールのための コンサルティング依頼をすることとなった。

→ 費用の100%、最大1億円まで補償!

2) 不正アクセス等を受けた"おそれ" を発見、事実確認のための調査費用は・・・

不正アクセス等のおそれが発見(※) され、事実の有無を判断するために、 外部調査機関への調査を依頼することになった。
( ※ 公的機関またはネットワークセキュリティの運用管理委託先等からの 通報・報告による発見に限ります )

→ 調査費用の75%、最大1000 万円まで補償!

3) 情報漏えいが発生!被害者への謝罪にかかる費用は・・・

情報の漏えいまたはそのおそれが発生した被害者に対して、見舞金や見舞品・金券を 渡すこととなった。

→ 被害者1 名につき500 円、最大1 億円まで補償!

※その他詳細は、「 お支払の対象となる費用(危機管理対応費用)の種類と支払限度額等
http://www.tmn-cyber.jp/insurance/gendogaku.html )」をご確認ください。

ネットエージェントがお手伝いできること

サイバーリスク保険加入で最大100%の費用を補償!
ネットエージェントの情報漏えい調査「フォレンジック調査サービス」

情報漏えい調査

ネットエージェントでは、セキュリティ事故をいち早く収束するための事故原因の調査・分析サービス 『 フォレンジック調査 』をご提供しております。

サイバーリスク保険に加入されている場合、緊急時の調査費用を75%~ 100%補償!またサイバーリスク 保険ご加入者様は、調査実施を優先的にご案内!サイバーリスク保険で費用の補償・調査費用の予算化が できるため、費用面の心配なく緊急時の迅速な事故調査・迅速な事故収束が実現できます。

製品導入で、月々の保険料が最大30%オフ!
ネットエージェントの標的型攻撃対策製品「 One Point Wall 」

One Point Wall

東京海上日動社のサイバーリスク保険では、経済産業省「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に 準拠したセキュリティ対策を講じている企業を対象に、サイバーリスク保険の保険料を割り引く「リスク 評価割引」制度があります。

ネットエージェントが提供する標的型攻撃対策製品「One Point Wall」等を導入し、セキュリティ対策を 実施していただくことで、月々の保険料を最大で30% 割り引くことが可能となります。

サイバーリスク保険加入前の無料診断

「 現状の対策で足りてる?事故発生時の想定被害額は?」と不安な企業様へ
【 保険加入前の無料診断 】簡易リスク診断サービス

簡易リスク診断サービスは、貴社のセキュリティ体制を診断し、セキュリティ事故が起こった場合の 被害想定額の算出・貴社のセキュリティ体制について簡易評価を行う診断サービスです。 サイバーリスク保険に加入する前に、まずは、自社のセキュリティ対策・体制の現状を知ることから始めませんか?

簡易リスク診断サービス概要

  1. ●現状のセキュリティ体制の評価がわかる!定性リスク診断

    定性リスク診断

    専用のヒアリングシートにご記入いただき、「セキュリティ全般」「ネットワーク・セキュリティ」 「クライアント・セキュリティ」「サーバー・セキュリティ」「セキュアな環境・施設・オフィス」 の5つの観点から、貴社のセキュリティ体制について簡易評価します。

  2. ●事故発生時の想定被害額が見える!定量リスク診断

    定量リスク診断

    専用のヒアリングシートにご記入いただいた内容をもとに、一定のシナリオに基づいたサイバー リスクに関する予想損失額を簡易算出します。予想損失額は、ヒアリング内容(変数)と東京日動 海上作成のシナリオ に基づき、一定の計算ロジックから算出します。

簡易リスク診断サービスのご相談・お申込はこちら

サイバーリスク保険のご相談・お問合せはコチラ

作成年月:2017 年 6月
募集文書記号:17-T01018


※『 過去におきたサイバーセキュリティ事故事例 』は、当社が作成した架空の事例であり、過去に実際に発生したものではありません。
※このご案内は概要を説明したものです。詳しい内容については弊社までお問合せ・資料請求をお願いします。
 ご加入の際はパンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明 注意喚起情報のご説明」をよくご確認いただき、不明な点はご遠慮なくお問合せのうえ、ご加入ください。

引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
取扱代理店:株式会社 NTオフィス( 担当:松本 TEL:03-6455-1658 )