ネットエージェントでは、『快適でセキュアな企業ネットワーク環境』を手軽に実現する様々な各種アプライアンス・ソフトウェア製品を自社開発しております。

  • サイトマップ
  • English

タイトル画像

スマートデバイスアプリ解析ツール 販売終了のお知らせ

平素はネットエージェント株式会社製品をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
長らく販売してまいりました「スマートデバイスアプリ解析ツール」ですが、誠に勝手ながら2015年9月30日をもちまして、新規の販売を終了させていただくことを
ご案内申し上げます。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

現在ご利用の製品ライセンスにつきましては引き続きご利用が可能ですが、機能追加の提供等につきましても2015年9月30日をもちまして終了とさせていただきます。

販売終了に伴いご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

SSL暗号化通信も可視化 「スマートデバイスアプリ解析ツール」

「スマートデバイスアプリ解析ツール」は、通常のパケット解析では得られない暗号化されたSSL通信の内容まで含めた、アプリケーションの動的解析を可能とするシステムです。これからリリースするスマートデバイス用のアプリに個人情報の外部送信といった危険性が含まれていないか、意図しない挙動を含んでいないかなどを調査することが可能となります。

システムの特長

■特長Ⅰ SSL暗号化されたアプリケーションの動的解析

SSL暗号化通信解析サーバーに依って、通常のパケット解析では可視化できない"暗号化されたスマートフォンアプリの通信"を可視化。 ネットワークフォレンジックとして実績豊富なパケット解析サーバーに依り、スマートフォンアプリの動的解析環境を提供します。

■特長Ⅱ 解析に必要な構成を一式セットでご提供

透過型接続でプロキシ設定が不要な為、インターネットアクセスラインとスマートフォンがあれば、すぐにでも始められます。

■特長Ⅲ 多様な活用方法

スマートフォンやタブレットPCの他、無線LAN対応のゲーム機での解析事例も存在。 全通信からの該当識別情報や識別情報のハッシュ値で検索条件を作る事で、様々なアプリの解析が可能です。

いかに悪意のあるアプリであっても、通信パケットの改ざんはできないため、端末から発信されるアプリケーション動作のファクト(事実)を調査する手法としては、パケットの動的解析が最も有効な手段です。

「スマートデバイスアプリ解析ツール」の構成と利用イメージ

システム構成例

システム構成図

This document was created using the official VMware icon and diagram library.
Copyright c 2012 VMware, Inc. All rights reserved.

提供物一覧

上記システム構成例の緑色で囲われた範囲が提供内容です。

提供物 内容
解析サーバ アプリの通信を解析し、内容を調査するためのサーバです。
SSL通信解析サーバ SSL通信を解析するための中継サーバです。
スイッチ スマートデバイスから発信された通信パケットを取得し、解析サーバへコピー
するのに必要なスイッチです。
無線LANルータ スマートデバイスから発信された通信を解析用のネットワークへルーティング
します。

利用イメージ

① 任意のスマートフォンから『Google Play』等にアクセスし、任意のアプリをダウンロード。
② そのスマートフォンからアプリを起動。任意の操作を実行。
③ SSL通信解読サーバーがProxyとして動作し、アプリと外部との通信を確立。アプリから発生した通信は解読サーバーを経由し、解析サーバーへコピー。
④ アプリから発生した通信を解析サーバーが解析し、可視化。

システム仕様

● 対応端末
└ iPhone  (iOS 5.0 以降)
└ iPad (iOS 5.0 以降)
└ アンドロイド携帯電話各種 (Android 4.0 以降)
└ Kindle Fire HD
└ PS Vita (一部アプリによっては、解析ができない場合があります。)

・SSL通信を確立する為には端末設定の変更が必要です。
・解析サーバーには生データと解析データが保存される為,保存できる生データ量は搭載ディスク2TBの約半分です。
・解析サーバーに蓄積されたパケット及び解析データは解析サーバーのディスク容量に応じ、自動消去されます。
・アプリケーションや接続先の仕様変更に依って、解析できなくなる可能性があります。
・次年度以降のご利用には保守のご購入とライセンス更新作業が必要です。
・保守提供はご購入次年度分から5年目分までとなります。
・保守はコール受付後のセンドバックとなります。
・保守コールまたは製品に関するサポートは、土・日・祝祭日・弊社休業日を除く平日10:00-12:00/13:00-16:00の間、電話及びEメールにて受け付けます。
・仕様は予告無く変更する事があります。